メラトニン、DHEA、アンチエイジング、ダイエットサプリなど海外ブランドの様々なサプリ商品を取り扱う海外サプリ格安通販専門店。MelatoninUSA。是非ご利用ください。

  商品名 商品番号 すべて
適用為替レート(2011.12.1)
$1 = 76.84円
メラトニンと癌の研究

メラトニンは不眠、時差ボケ対策として有名ですが、それ以外にも加齢による病気、はてには寿命を延ばすといった作用を 裏付ける研究までもがなされています。事実、メラトニンは細胞の統制に複雑に絡んでいるのです。科学者達はそんな神秘的なメラトニンについてあらゆる研究 を進めています。その中でも注目されているのが「ガン治療」の補助療法としてこのメカニズムです。そんな研究の数々をのぞいてみましょう。これは、アメリ カのサプリメント業界でデータバンク的な存在として医師や科学者たちからも信頼を集めている「ライフエクステンション社(Life Extension)」がアメリカガン治療センターと共同でメラトニンを使用して行った臨床実験結果やその他のメラトニンに関する研究文献をまとめた貴重 な情報です・・!


アメリカ初のメラトニンと癌の大規模な研究!

メラトニンがガンに対抗するという事実があるにもかかわらず、その経済効果の低さよりガン治療におけるメラトニンの利 用は、ほとんど注目されていません。そこでLife Extension社は、アメリカガン治療センターと共同で、メラトニンを使用した臨床実験を肺がんが進行した患者を対象に行ないました。これは、転移性 非小細胞肺ガン患者の生活向上と、生存率に与えるメラトニンの作用を調べるアメリカ初の実験といえます。実験の結果、化学療法を受けていた患者は全て2年 以内に亡くなったのに対し、メラトニンと化学療法を併用していた患者49人のうち3人は5年間生存しました。
また、PubMedデータベースで検索したところ、「メラトニンとガン」について書かれた文献が806点、メラトニンをガン患者に与えた臨床実験に関する 記事は52点見つかりました。ここでは、ガンの補助療法としてのメラトニンの使用と、そのメカニズムに関する主要研究の一部をクローズアップしてまとめて みました。

メラトニンの腫瘍の関係

メラトニン(科学名称;インドールアミンN-アセチル5メソキシトリプタミン)は、神経伝達物質を統制するホルモンです。  目が光を感知しなくなると(例、暗闇や目をつぶった時、または睡眠中)松果体でトリプトファンというアミノ酸を原料として微量製造されます。メラトニンは 網膜でもつくられ、また消化器官では松果体内とは比較にならないほど大量につくられます。事実、松果体や血液中の400倍ものメラトニンが消化器官には存 在し、その量は0.1から10nmol/Lにもなります。メラトニン受容体は中枢神経組織、周辺の組織細胞、及び妊婦およびその他の女性(妊娠していない 女性)の子宮筋組織を含むステロイド源組織などにあります。 母体のメラトニンは胎盤を通過します。

メ ラトニンの量は夜間に最大となりますが、食後にも上昇します。このことは、食後に眠くなることや、食欲が減退した進行ガン患者のメラトニン値が低下してい ることを部分的に説明しているのではないでしょうか。メラトニンは一度製造されると、平均して20分から90分間だけ血液中を巡ります。 これはメラトニ ンが脂肪に非常に良く溶け、また多少水溶性でもあるため、各細胞組織(膜、細胞質、核)に簡単に入り込むことができるのです。 メラトニンの両親媒性(水 を吸収することもできれば、弾くこともできる能力)が、(メラトンが持つ)弱性の抗酸化予防物質、弱性の金属鉄キレーター、及び特定の状況下では直接的な フリーラジカル清掃物質としての機能と合わせ、腫瘍内部の乱れた微環境にある酸化によるストレスに対抗してくれるのです。

メラトニンの抗癌作用

メラトニンは人間の体にできる多くの腫瘍細胞を直接殺すことができます。こ れは、細胞毒素という自然に発生する物質によるもので、腫瘍細胞を死滅させてくれます(アポトーシス)。例えば、体内で既に腫瘍ができている場合、メラト ニンはその腫瘍の成長を抑制することが確認されています。メラトニンは自然な腫瘍抑制作用があり、ガン細胞の成長を抑制します。ガンが進行し肉体的に支障 がある患者達の間でメラトニンは、多くのガン関連の症状を軽減させ、新しい腫瘍血管の形成を抑制し、そうすることによりガンが転移するのを防いでくれるの です。メラトニンは体温を下げることによって腫瘍の代謝と形成を後退させます(低体温症を自然誘発する)。更に抗酸化物質誘発剤として、またメラトニン自 体が弱性抗酸化予防物質となり、フリーラジカルが正常な細胞を攻撃するよう腫瘍細胞が働きかけるのを妨げ、DNA、脂質、アミノ酸およびタンパク質の酸化 を常に抑えます。 

体内で製造されるメラトニンの抗ガン作用などといった、ガンに対抗する力が枯渇するほど、ガンが進行してしまった最悪のケースでは、(ガン患者のメラトニン製造量は低下する)メラトニンをサプリメントで補給することにより、抗ガン作用が得られます。メラトニンはサイトカイン組織を活性化させて成長抑制因子を放出したり10、マクロファージや単核白血球の細胞損害作用を刺激するため、ガンの進行を防ぐ生体防御系にとって重要な物質となります。 

メラトニンをサプリメントで補給したところ、末期ガン患者やガンが進行した患者達にも効果がみられました。 メラトニンが組織の消耗を抑えて、体重減少、疲労、虚弱およびウツ症状などといった兆候を無くして免疫機能を高めます。そして命の質を向上させ、また生存率も高まります。更にメラトニンは、進行ガン患者と化学療法を受けている患者に見られる一般的な症状を改善します。貧血やリンパ白血球減少などを防ぎ、血小板を増やし、食欲を増進させ、その自然な鎮痛作用でガンによる痛み(骨痛を含む)をなくします。 ガンと診断された患者の半数近くが不充分な症状対処により亡くなっていることを考えると、この効果はかなり有効といえるでしょう。

メラトニンガン手術

メラトニンがもつ抗炎作用が、ガン手術の前後の傷の治癒を手助けできるかもしれません。メラトニンは低酸素状態での再酸化によるダメージを制限し、フリーラジカルを排除して、インターロイキンや腫瘍壊死因子アルファなどのpro-inflammatory cytokinesのupregulationを抑え、炎症による組織破壊を抑えます。 さらに、手術によって免疫機能が抑制され、腫瘍を手術で切除したガン患者と腫瘍との相互関係に悪影響を与えます。 
メラトニンが急性炎症の発生を抑制することにより、腫瘍に免疫ができるのを助けながらも免疫機能が抑制されるのを阻止できるでしょう。さらに、メラトニン が傷の治癒の炎症に伴う痛覚過敏を軽減します。 手術で胃腸管の腫瘍を取り除いたガン患者の間では、メラトニンとインターロイキン-2(IL-2)を使用 した術前の神経免疫療法で手術による白血球の減少(リンパ球減少)を止めることができました。これらの結果よりメラトニンは、手術による切除を選んだガン患者の傷の治癒力を高め、組織の損傷を抑え、痛みや虚弱化を和らげ、血球の減少を食いとめて貧血をなくし、免疫力の低下を予防するなどといった効果があることを示しています。 

メラトニンと放射線療法

放射線治療とは、フリーラジカルを生み出して腫瘍細胞を殺すため、酸素が必要となりま す。 しかし、ガン患者は血液環流および拡散に限界があり、腫瘍の微小循環内の血流が断続的になり、貧血を起こすため(ヘモグロビンが減少すると酸素量も 減少する)ほとんどの腫瘍は酸化されにくくなっているのです(低酸化性)。事実、放射線療法自体が貧血を引き起こし、それがガン患者の予後診断の甘さにつ ながるのです。メラトニンは血小板の形成を促進し(凝血)、血小板の減少と貧血に悩まされているガン患者の治療に効果的であることが証明されています。更 にメラトニンには抗セロトニン作用があり、これがセロトニンによる血流の抑制を阻止します。 これが結果として血流を高めて微小循環を回復させ、腫瘍の微 環境を弱めるのです。
メラトニンは腫瘍へ血液を多く送り込み、腫瘍内の酸素量を増やして腫瘍細胞を放射線で退治しやすくします(放射線抵抗力を弱める)。またメラトニンは脂溶性で、血液脳関門を通りぬけることができるように、血液腫瘍関門も通りぬけることができると思われます。
メラトニンは放射線(及び化学療法の薬物)を腫瘍の微環境内の酸化不良部に、届き易くするよう働きかけ、その結果これらの抗ガン効果が高まります。放 射線は粘膜の炎症(粘膜炎)を頻繁に引き起こしますが、メラトニンが集中している胃腸管の粘膜を傷つけることにより体内のメラトニン値を著しく低下させま す。脳グリア芽腫患者に放射線療法を利用した放射線神経内分泌療法とメラトニンを補給したところ、1年後の生存率が、メラトニンを併用しなかった患者より 明らかに高くなっていました。
■メラトニンには血流低下による脳虚血(のうきょけつ)の危険性を減少させる作用があると、最近では考えられています。それゆえ、メラトニン補給が放射線治療を受けている患者の余命を長らえると考えられます。
■メラトニンはまた、(心臓、腎臓、および神経への有害性―心臓毒性、腎毒性、神経毒性を含む)、免疫抑制、痛み、貧血、疲労、睡眠障害などといった、放射線治療の(有害な)副作用を緩和するとも考えられています。
■メラトニンは放射線による傷の修復に必要な、安全で有効性の高い組織修復促進剤であるため、放射線治療を受けているガン患者の補助治療として有用であることがいえます。

メラトニンと化学療法

化学療法は免疫抑制および細胞毒性作用をもって、患者がもつ抗ガン 防御能力に弊害を 与えます。 免疫能力を高めるメラトニンは生存率を高め、化学療法を行なっている患者の能力を高めることが証明されています。様々な化学療法と合わせてメ ラトニンを摂取したところ、化学療法だけを行なっていた患者に比べ、正常で健康な細胞や組織に与える弊害は極力抑えられ(あるいは完全に抑えられ)ながら も、5年後の生存率アップ、命の質の向上、及び多くの化学療法製剤の治療効果アップなどといった明らかな効果がみられました。

メラトニンは化学療法による心臓毒性、神経毒性、腎毒異性、血小板減少症、口内炎、衰弱などを引き起こしにくくし、またガン患者の反応を高めてくれました。粘 膜炎や心臓及び腎臓への毒性などに代表される化学療法の顕著な副作用の発生を抑えるため、毒性が非常に高い化学療法;アントラサイクリン(アドリアマイシ ン)、サイクロスポリン、シタラビン、IL-2、シスプラチン、5-フルオロウラシル、メソトレキサートなどの化学療法とメラトニンを併用する際は、細心 の注意を払う必要があります。
メラトニンは動物のメソトレキサートによる肝臓や腎臓への毒性を予防することが証明されています。 絶食するとメラトニン値は通常2日以内に下がります。これより、吐き気、嘔吐、食欲減退などの化学療法の副作用がメラトニン値を下げるということが言えます。

メラトニンとと時間療法

体内のメラトニン量が1日のリズムを作るため、特定の化学療法を適切な時間帯に実行すれば効果が最大に得られるのです。 これが"時間療法"と呼ばれる治療法です。メ ラトニンの1日のリズムが"生体時間"効果をもたらし、メラトニンは24時間周期をつくる媒介として、体内時計(スープラキアスマティック核に存在する) をはじめとするメラトニンがターゲットとした部分に24時間周期の信号を送ります85。 時間療法は患者の忍耐力や腫瘍形成度に大いに関わりがあり、治療 効果と生命の質を高めるようはたらきかけます。 時間療法は、24時間周期によって統制されている正常な細胞と腫瘍細胞間の成長率のずれを利用することに より、患者へのダメージは最小限に抑えながらも、薬の腫瘍細胞への毒性は最大限にまで引き出すのです。腫瘍細胞は本来、腫瘍独特のリズムに従って成長しま す。 このリズムはガン患者のメラトニン値を操作することにより、調整できるかもしれません。体内時計に与える局所効果はこうして24時間周期を調整する のです。成長速度が遅い腫瘍は、患者の体内時計でコントロールできやすいと考えられていますが、速度の速い腫瘍や進行した腫瘍などは一時的に組織が乱れて いるものでなくても、24時間周期を狂わせる恐れがあります。24時間周期に変化を与えるためには、メラトニンを多量に摂取することが必要になります。  こうしてメラトニンは体内時計をコントロールする特殊な能力を保持すると考えられ、その結果悪性腫瘍の成長を抑えてガン治療の効果を高めることができるのです。時間療法は、急性リンパ芽球性白血病の子供の生存率を高めることが証明されています。

メラトニンとホルモン療法

ガン患者のメラトニン値は、腫瘍の攻撃性と成長度の相互に関係しています。エストロゲ ン受容体陽性の乳ガン女性の多くが、血漿メラトニン値が低下しています。 反対に、メラトニンは乳ガンのガン細胞の成長を阻止し、腫瘍の拡散と侵襲を低減 させるはたらきが試験管実験で明らかにされました。事実、メラトニンは自然発生の抗エストロゲンとして腫瘍細胞にはたらき、ホルモン依存の乳房腫瘍の成長を促すホルモンを制御することが唱えられています。メ ラトニンは、エストロゲン受容体と結合しない或いはエストラジオールとその受容体との結合を妨害していないように見えるタモキシフェンなどの有名な抗エス トロゲンとは異なります。 更にメラトニンはタモキシフェンやIL-2のような生物療法の治療効果を高めます。最近の研究ではメラトニンは環状アデノシン 1リン酸(cAMP)独立型情報伝達経路を通じて作用するといわれていますが、実際のところはメラトニンがエストロゲンの信号をどのように妨害するのかは 不明です。メラトニンは、メラノーマ細胞に見られるように差別化をはかることにより、上皮成長因子を抑制して3その増殖を抑えると言われています。腫瘍形 成の研究では、そのメカニズムに関係なく、メラトニンは乳房腫瘍の形成と成長度を低減させ、乳ガンの進行を 遅くしました。 更に、経口でメラトニンを長期間投与したところ、すでに形成されていた動物の乳房腫瘍の成長が明らかに遅くなりました。 転移性の耐ホル モン性前立腺ガン患者にメラトニンを経口投与したところ(5mg/日)、病状が6週間安定しました。

夜間の明かり、メラトニン、瞑想、およびガンの発生メラトニン値の低下は、乳ガンの発病および進行と関わりがあります。主に夜間に働く 女性は電気などの明かりにさらされているため、メラトニンの製造が妨げられて24時間周期に狂いがでるため、乳ガン形成のリスクが大きくなります。 一 方、盲目や視覚傷害のある人達は正常な視力の人と比べてメラトニン値が高く、ガンの発症率が低くなっています。これは、メラトニンにガンの発生率を低くするはたらきがあるこ とを示唆しています。照明時間や明かりの強さに関係なく夜間の明かりは、メラトニンの分泌を抑制して体内時計を狂わせ、24時間周期によって保たれている 細胞の成長率に変化を与えるおそれもあります。 ガン患者の24時間周期には乱れがあることが多く、ガンの進行と腫瘍の成長が助長される原因となります。  非小細胞肺ガン患者のメラトニン値が他の人より低いということより、ガンは神経内分泌の機能を狂わせることが言えます 。 事実、健康な人に対して、進行した胃腸の悪性ガン(結腸直腸ガン、胃ガン、および膵臓ガンなど)患者のメラトニンの24時間周期は狂いが生じていま す。
多くの体内時計機能(血圧、体温、ホルモン、睡眠パターン、免疫機能、消化活動など)の解放・制御解除は、特定の転移性ガン患者の余命や腫瘍反応の予後を 探る独立因子となります。 統計的にみて、24時間周期そのものは、乳ガン患者の余命をはかる強力な予後因子となっています。
全身、細胞および分子レベルのそれぞれにおける腫瘍抑制に体内時計がかかわっていることが、いくつかの研究実験で証明されており、これからはガンを局所の問題として考えないようにしなければなりません。 
例えば、体内時計は免疫反応を統制します。 この時計の24時間周期が乱れると免疫抑圧を引き起こし、ガン細胞の免疫学的監視を邪魔して腫瘍の形成を促進 させるのです。 しかし、24時間周期をつくる物質としてメラトニンは体内時計を狙って、免疫抑圧を妨げます。夜間の明かりがメラトニン量を制限すること が、ガン患者が瞑想しただけで(目を閉じて光を感じない状態でいる)自然と腫瘍が縮小したという報告を裏付けます。 定期的な瞑想は、メラトニン値の上昇 に関係します。 
メラトニンサプリメントの薬理摂取量は、夜間に働く人などの乱れた体内時計を再調整してくれることが証明されています。 よって、内生的にメラトニン値が 減少したガン患者なら、瞑想とメラトニン補給療法の2つで、腫瘍の成長と拡散を抑制しながら生命の質を良くする効果が得られると思われます。 

メラトニンと進行ガン

リッソーニとその同僚達が行なった数々の臨床実験より、メラトニン補助療法は進行ガン患者の生命の質を向上させながら生存率を高めるといった好ましい効果があることを証明しました。 メラトニンは対症療法だけ受けている患者に比べて、治療できないほど進行してしまった固形腫瘍のあるガン患者の異化消耗(悪質液)、虚弱、血小板減少、白血球数(リンパ球減少)などの発症頻度を明らかに抑えていました。メラトニンは病状を安定させ、1年後および5年後の生存率も高めました。
進行ガン患者のメラトニン欠乏は、体内時計の24時間周期の変化(睡眠サイクルが乱れる)、ガンに関連した拒食性悪質液、及び食事量の減少などが原因と思われます(食事をすると胃腸管のクロム親和性細胞がメラトニンを作るため)。
逆にメラトニンをガン患者にサプリメント補給すると、食欲が増進し、組織の消耗がなくなり、睡眠を持続することができるようになります。メラトニンを余命いくばくもない進行ガン患者に投与すると、病状の安定やガンの状態の好転などがみられることがあります。


メラトニン補給とガン

メラトニンで腫瘍が小さくなる・・!?
年をとった人の細胞のメラトニン値が低下している事実を考えると(腫瘍細胞の成長率が高まるため)腫瘍細胞が健康で正常な細胞より速く"老化"するなら、 健康な細胞と比べて腫瘍内の細胞メラトニン値は少なくなっていると思う人もいるでしょう。 腫瘍細胞内のメラトニンが潜在的に少なくなっているものは、メ ラトニンを補給することで正常値に戻せます。これはつまり、腫瘍の微環境においてマイナスに成長する(つまり縮小する)という利点であり、それにより腫瘍 の成長が抑制されるのです。原因の異なるガン患者のメラトニン値は腫瘍形成の第一段階では下がりますが、病状が回復すればメラトニン値も正常になるとされ ています。

<参考文献>
*Life Extentionマガジン
メラトニンとガン治療
アイリーン M. リンチ 医学博士著  腫瘍学研究者

※ここに書いてある内容は、資料に基づいた内容であり、弊社が保証するものではありません。あくまで参考としてご覧下さい。